コラム 外壁塗装

外壁の寿命を示すサインは?自分でサインを見分ける方法を藤沢市の外壁塗装工事のプロが紹介!

外壁塗装を行うことで、見た目を綺麗にできるのはもちろん、家の寿命を伸ばすことができます。

劣化した外壁をそのまま放置しておくと、カビや藻が発生したり、雨漏りの原因になったりしてしまいます。

 

そこで、今回は藤沢市で多くの外壁塗装工事を手掛けてきた屋根外壁塗装の窓口 イオン藤沢店のスタッフが「外壁の劣化:チョーキング」について紹介していきます。

 

外壁塗装の劣化を示すチョーキングとは?

外壁塗装 チョーキング

外壁塗装の劣化を示すサインとしてチョーキングという現象があります。

チョーキングとは、古くなった建物の外壁に触れた際や服などが触れてしまった際に白い粉のようなものが手や服に付着する現象のこと

そして、白い粉は塗膜の一部が粉化して発生したものです。

 

外壁塗装は、施工が完了した時点から少しずつ劣化が始まっています。

したがって、チョーキングは外壁塗装が経年で劣化してきた証拠であり、白亜化現象とも呼ばれます。

一般的に、外壁の寿命が近づいてくるとチョーキング(白亜化)現象が少しずつ発生すると言われています。

 

チョーキングは、外壁に施工している塗膜の樹脂が経年劣化によって分解されることで、塗膜の樹脂に覆われていた顔料が露出してしまうことが原因

チョーキング(白亜化)現象が始まってすぐの段階ではあまり気にならない場合が多いですが、劣化が進んで寿命が近いたときに外壁に触れると白い粉がベッタリと濃く付着するようになります。

 

藤沢市や茅ヶ崎市で長年の経験があるスマートホーム株式会社は、これまでに多くの外壁無料診断を行ってきました。

そして、多くの建物でチョーキングが発生しているのを目の当たりにしています。

藤沢市のイオンに実店舗を構えている屋根外壁塗装の窓口では、外壁塗装・屋根工事を通して地域貢献を目指したいと考えています。

 

藤沢市、茅ヶ崎市を始めとする神奈川県にお住まいの方は、ぜひ屋根外壁塗装の窓口の無料診断を受けてみませんか?

無料診断の申込み

 

チョーキングが起きる原因は?

チョーキングは自然劣化と施工不良の2つの原因によって発生します。

 

自然劣化の影響

1つ目の要因である自然劣化とは紫外線や雨、風などが原因

太陽光などの紫外線は塗膜に化学変化を起こし、徐々に塗膜を分解していきます。

それにより、塗装表面部分が劣化していくのです。

 

さらに、雨による水分も化学変化を引き起こす要因となったり、物理的にも塗膜を傷つけたりします。

 

その他、空気中の砂やホコリが外壁にぶつかることで、塗膜を傷つけてしまうこともあります。

つまり、日々の暮らしの中で発生する自然現象によって外壁塗装は少しずつ劣化していっているのです。

 

業者の手抜き工事

2つ目の要因である施工不良は、業者による手抜きが考えられます。

施工不良の場合、塗料メーカーが想定している耐用年数よりも早くチョーキングが起こることがあります。

施工時に守らなければならないことを1つでも怠ってしまうと、耐用年数は短くなってしまい、早い段階でチョーキング現象が発生してしまうのです

 

藤沢市や茅ヶ崎市では、悪質な業者も少なくありません。

実際、悪質な業者の被害に遭ったお客様からのご相談も多くあります。

屋根外壁塗装の窓口では、悪質な業者の被害を可能な限り減らすために、日々啓蒙活動に取り組んでいます。

 

藤沢市、茅ヶ崎市、その他神奈川県にお住まいの方は、ぜひ屋根外壁塗装の窓口にご相談ください。

 

  • お見積りが適正か
  • 工事内容は適切か

 

屋根外壁塗装の窓口のスタッフが詳しくご説明させていただきます。

 

無料相談はこちら

横須賀の町の自治体でスマートホームの活動が認められました。

スマートホームとして嬉しい出来事がありました。 横須賀のとある自治体で弊社のリフォーム詐欺の啓蒙活動の取り組みを認めていただき町の掲示板に弊社の資料を掲示させていただきました。 自治会長から直接、悪徳 ...

続きを見る

チョーキングを見分ける方法は?

チョーキングは外壁を手で触る、あるいは布やティッシュペーパーなどで触れてみることで発見することが可能です。

外壁に触れた際に軽く擦っただけで粉が付い場合は、チョーキング現象が発生している証拠。

 

また、外壁を手で触れた時に薄く粉が付着したら、外壁塗装のメンテナンスを検討するサイン

そして、粉がベッタリと付着してしまう場合、外壁塗装の寿命が来ているということです。

 

外壁塗装のメンテナンスを行わないことで、防水性が落ち、外壁材に雨水が染み込みやすい状態を引き起こしてしまいます。

外壁材に雨水が染み込むと収縮の原因となり、ひび割れなどの原因になります。

 

住宅の劣化を防ぐためにも外壁塗装のメンテナンスは非常に重要です。

 

まとめ

外壁には必ず寿命があります。

しかし、どのタイミングでメンテナンスや外壁塗装を行えば良いかわからないですよね。

今回は、自分で簡単に外壁の状態を確かめる方法を紹介しました。

 

チョーキング現象が少しでも起きている場合は、すぐに外壁塗装のプロ スマートホーム株式会社へご相談ください!

また、チョーキング現象が起きていない場合でも外壁の劣化が進んでいる可能性があります。

 

特に新築から10年以上経過している場合は、お早めにご相談ください。

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-コラム, 外壁塗装