コラム

雨漏り修理で火災保険は利用できる?雨漏り補修のプロが徹底解説!

雨漏りが発生して天井や壁紙にシミができてしまったと悩まれている方もいるでしょう。

しかし、どれくらいの修理費用がかかるのか不安な方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は雨漏り修理の費用相場や火災保険が利用できるかについて解説します。

藤沢をはじめとする神奈川県全域で雨漏り修理を行っているスマートホームの専門スタッフが解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

雨漏り修理の費用相場とは

見積もり

雨漏りを放置していると、重大なトラブルを引き起こす可能性があるので、早急な対応が必要です。

とはいえ、雨漏り修理にはどれくらいの費用がかかるか見当がつかず、業者に依頼せずに放置しているという方がいるでしょう。

 

ここでは、一般的な雨漏り修理の費用相場を見ていきましょう。

 

雨漏り発生箇所雨漏り修理の費用相場
屋根の雨漏り5~70万円
外壁の雨漏り5~50万円
天井の雨漏り15~30万円
バルコニーの雨漏り5~35万円
窓、サッシの雨漏り2~30万円
屋上の雨漏り20~200万円

 

雨漏り修理は発生箇所や原因によって、修理費用が大きく異なります。

また、どのような修理をするかによっても金額が異なるので、予算を含めて専門業者に相談するのがおすすめです。

 

たとえば、屋根の雨漏りといっても、コーキング補修という簡単な作業で修理できる場合があれば、屋根全体のリフォームが必要な場合もあります。

コーキング補修であれば5~30万円程度で修理できますが、屋根全体の修理となると50~200万円ほどかかることも少なくありません。

yane
屋根リフォームのお悩み解決!屋根リフォームの種類、費用、Q&Aを藤沢の屋根外壁塗装の窓口のスタッフが紹介!

屋根は建物の中でも常に日光や雨、風などの影響を受ける場所です。 そのため、定期的なメンテナンスを行う必要があります。 しかし、新築から10年~30年の間、一度もメンテナンスしたことがなかったり、雨漏り ...

続きを見る

 

一方、外壁の雨漏りについても簡単な修理であれば5~10万円ほどで済むことがありますが、建物全体を外壁塗装する場合は50~200万円くらいかかることがあるでしょう。

ひとえに雨漏りといっても、何が原因で、どこに発生しているかで修理費用が大きく変わります。

そのため、まずは原因を究明することが大切です。

雨漏りの無料調査はこちら

 

雨漏り修理で火災保険は利用できる?

雨漏り修理の費用は発生箇所や原因によって変わりますが、屋根全体や外壁全体の塗装が必要になると100万円以上かかってしまうことも少なくありません。

とはいえ、急に100万円以上を用意するのが難しいという方がほとんどでしょう。

ただ、予算が足りないからといって雨漏りを放置しておくと構造躯体にまで影響を及ぼし、さらに大きなリフォーム工事が必要になることから、余計にお金がかかってしまいます。

 

そのため、できるだけ早く雨漏りを修理したほうがいいです。

しかし、いきなり大金を用意するのは現実的ではないので、やはり修理を諦めてしまうという方もいるでしょう。

ただ、火災保険が利用できれば、無料で雨漏りを修理できる場合があります。

 

藤沢や茅ケ崎をはじめとする神奈川県全域で雨漏り修理の実績があるスマートホーム株式会社では、これまでに火災保険を使った雨漏り補修の実績が多数あります。

火災保険を利用すれば、少ない予算または0円で雨漏り修理ができるので、すぐに専門業者に相談しましょう。

火災保険の相談はこちら

 

雨漏り修理で火災保険を利用できるのは自然災害のみ

火災保険を使えば、無料で雨漏り修理ができる可能性があります。

ただし、火災保険を使えるのは雨漏りの原因が自然災害の場合のみです。

つまり、経年劣化や建築会社の施工ミスが原因で雨漏りが発生した場合は火災保険は利用できません

とはいえ、何が原因か自分で判断するのは難しいでしょう。

 

雨漏り修理で火災保険を利用するときのポイント

ここでは、雨漏り修理で火災保険を利用するときのポイントを紹介します。

藤沢を含む神奈川県のみならず、全国の雨漏り修理に役立つ情報なので、ぜひ参考にしてください。

 

自己判断しない

火災保険が使えるかどうかは、雨漏りの発生原因が非常に大切です。

施工業者のミスなら、火災保険を使うことができないので、まずは建築会社に相談しましょう。

 

また、経年劣化が原因で雨漏りが起きている場合も火災保険を使えないので、全額自己負担で修理しなければなりません。

しかし、雨漏りの知識がなければ、原因を見つけるのは非常に難しいです。

 

そのため、原因を自己判断しないことがポイントなのです。

たとえば、大雨が降ったあとに雨漏りが発生した場合であっても、その原因が経年劣化なのか、ほかに原因があるのかは、しっかりと調べないとわからないのです。

もし、自己判断で経年劣化が原因だと判断してしまったら、全額自己負担で修理しなければなくなってしまいます

 

プロに現地調査を依頼する

雨漏りの原因を自己判断しないことが非常に大切ですが、どうやって原因を見つければいいのでしょうか。

まず、雨漏りが発生したら、すぐに専門業者に現地調査を依頼しましょう

プロの現地調査によって、原因が特定できれば、火災保険が利用できるかどうかを判断してもらえます。

ただし、ここで重要なのが業者選びです。

業者によっては調査費用を請求されることがあります。

また、最終的にその業者に修理を依頼しない場合でも調査費用を支払わなければならないので、注意しましょう

 

そのため、可能であれば無料で現地調査をしてくれるところに雨漏り調査を依頼するのがポイントです。

藤沢をはじめ、神奈川で雨漏り補修の実績が多数あるスマートホーム株式会社は無料で現地調査を行っています。

スマートホーム株式会社では、赤外線調査、散水テスト、電気調査などから雨漏りの原因を究明するので、しっかりと原因を判断できます。

もちろん、雨漏りの原因によっては火災保険が利用できるので、少ない負担または0円で雨漏り修理ができます。

無料調査を依頼

 

火災保険の知識が豊富な業者に相談する

雨漏り修理で火災保険を利用するには火災保険の知識が豊富で実績があるプロの業者に依頼するのがおすすめです。

施工業者によっては、火災保険の知識がなく、本当は火災保険が使えるのに全額自己負担で修理してしまったというケースも少なくありません。

そのため、火災保険の知識や利用実績がある業者を選ぶのがポイントといえるでしょう。

屋根工事で火災保険は利用できる?火災保険利用のすすめ!

屋根リフォームには葺き替え工事やカバー工法、屋根塗装など、様々な工事があります。 屋根リフォームは足場を組んだり、施工範囲が広くなったりなど、工事費用が高額になってしまうことがあります。   ...

続きを見る

 

藤沢の雨漏り修理ならスマートホーム株式会社

火災保険 一覧 リフォーム

神奈川全域でリフォーム事業を行っているスマートホーム株式会社では、これまでに多数の実績があります。

火災保険の知識を持ったスタッフによる火災保険申請のサポートを承っており、大変多くの方からご好評いただいています。

藤沢、茅ケ崎、湘南のほか、神奈川県や千葉県、埼玉県や東京都などで雨漏りにお悩みの方は、ぜひスマートホーム株式会社にお任せください。

火災保険使ったリフォーム相談はこちら

 

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-コラム