コラム 外壁塗装 屋根工事

外壁塗装、屋根工事は下地処理が重要!外壁塗装・屋根工事のプロが教える下地処理の重要性!

外壁塗装工事だけでなく、屋根工事の際も下地処理は非常に大切です。

丁寧な下地処理を行わなければ、仕上がりに差が出てきます。

さらに、せっかく工事をしたのに、すぐに劣化してしまうなんてことも。

そこで、今回は外壁塗装、屋根工事の際の下地処理を重要性について紹介していきます。

 

下地処理とは?

外壁塗装 下地処理

外壁や屋根を塗装する際にいきなり塗装をするのではなく下地処理を行います。

 

下地処理は、壁面に不着しているホコリやサビ、

古い塗膜から浮き出た顔料、排ガス汚れ、苔・藻などを高圧洗浄で洗い落とすところからはじめます。

 

そして、ひび割れなどを補修する作業を行っていきます。

壁面の汚れを落とし、ひび割れを補修することで、塗装面を平滑にすることができ、塗料がしっかりと密着するようになります。

 

なぜ、下地処理が重要なのか?

下地処理は、塗装を行う上で大切な工程です。

 

下地処理が不十分だと、塗装後に様々なトラブルが発生するリスクが高まってしまいます。

たとえば、ひび割れの最初や塗装の剥離、塗装の膨れ、サビの再発などが挙げられます。

 

塗装する面に汚れが付着していたり、錆びていたりすることで、その上から塗料を塗布してもしっかりと密着しないのが原因。

 

そして、下地処理ができていないことにより塗装を行っても数年でひびが入ったり、剥がれてきたりします。

 

そこで、塗装によるトラブルを防止するための下地処理として、外壁や屋根を塗装する前は必ず高圧洗浄を行います。

高圧洗浄後、外壁や屋根の状態を判断し、下地の補修を実施します。

 

塗装する前にしっかりと下地処理を行うことで、新たに塗布された塗料が密着し健全な塗膜が形成されます。

 

つまり、新たな塗装面を保護するという意味でも下地作りは非常に重要な工程です。

 

下地処理の費用は見積もりに含まれている?

外壁や屋根の塗り替えを検討する際、まずは業者に見積もりを依頼します。

 

見積もりは1社ではなく複数の業者に依頼し、見積もりの内容をしっかりと比較検討することがポイント。

 

また、見積もりの金額に下地処理の金額と明細が記入されているか確認することをおすすめします。

 

下地処理は塗装を行う際に非常に重要な作業です。

 

どのような作業内容でどのような塗料が使用されるのか、事前に確認しておくことが重要。

 

さらに、保証内容や業者の所在地などもあわせて確認しておくと安心です。

 

見積もりを取った業者が、下請けの業者に作業を依頼している場合は、中間マージンが発生します。

 

そして、中間マージンが発生する分、施工費用が高額になるケースが多いため注意が必要です。

 

様々な要素を総合的に判断した上で、業者を選択することでトラブルのない外壁塗装、屋根工事に繋がります。

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-コラム, 外壁塗装, 屋根工事