保険 屋根工事

火災保険を使って自己負担無しでリフォーム!?大雪で屋根が壊れてしまっても安心!火災保険を利用して屋根のリフォームをしよう!

昨今、台風や大雪など自然災害の影響で屋根やカーポートが壊れてしまった事例がたくさんあります。

神奈川県をはじめとする関東圏でも大雪の影響で雪による被害が相次ぎました。

 

そこで、今回は雪や台風など、自然災害によって壊れてしまった屋根や雨樋を火災保険を使ってリフォームする方法を紹介していきます。

 

神奈川県全域で大雪に注意

横浜 雪

 

2022年13日に横浜地方気象台より神奈川県全域で大雪注意報が発表されました。

箱根や丹沢などの山間部ではおおよそ20cm以上もの降雪が予想され、大雪による被害に注意喚起を行っていました。

 

また、2022年1月7日には横浜や鎌倉、伊勢原など幅広い範囲で雪が積もりました。

積雪の影響により道路状況が乱れたり、公共交通機関にも遅れが生じたりしました。

 

雪による屋根の被害は?

雪 屋根 被害

全国的な大寒波による大雪の発生ですが、公共交通機関や道路状況だけでなく、家にも大きな被害をもたらしています。

雪の影響で屋根が破損してしまったり、雨樋が壊れてしまったりなど、多くの被害が起きています。

 

雪の影響で屋根が破損

雪 屋根 被害

雪などの自然災害の影響で最も被害が多いのが屋根の破損。

 

屋根材が割れてしまったり、雨樋が曲がってしまったりなど、屋根の破損が起こってしまうのです。

 

実際、大雪が降った後や台風の後は、なんらかの被害を受けているかもしれません。

もちろん、目視で判断することは難しいため、しっかりと診断・調査を行ったほうが良いでしょう。

というのも、屋根の破損を放置していると、雨漏りの原因になったり、雨樋が正常に機能しなかったりなど、大きなトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

そのため、雪や大雨、台風などの後はしっかりと点検することをおすすめします。

無料診断を依頼

 

雪の影響で壊れてしまった屋根は火災保険が使える?

雪の影響で破損してしまった場合、屋根のリフォームを行う必要があります。

 

屋根リフォームの種類にもよりますが、破損状況によっては費用が高額になってしまうことも少なくありません。

急な自然災害の影響で壊れてしまった場合、数十万円~数百万円ほどの費用がかかることも珍しくないでしょう。

 

しかし、突然、そんな大金を用意するのは難しいと思います。

ただし、火災保険を利用すれば、自己負担無しで屋根の修理ができる場合もあります。

もちろん、雪の影響だけでなく、大雨や台風、雹や落雷など、さまざまな自然災害にも適用できるので、火災保険を利用して屋根のリフォームを行うことをおすすめします。

 

火災保険を使って自己負担無しで屋根リフォームが可能!

現在、加入中の火災保険の契約状況にもよりますが、自然災害による屋根の破損は火災保険で全額または一部をカバーできるでしょう。

 

しかし、火災保険を使って屋根のリフォームを行うには、条件や手順などをしっかりと理解しておく必要があります。

誤った手順で火災保険の申請をしてしまうと、火災保険が適用されずに自己負担で屋根のリフォームをしなければならない可能性もあります。

 

そのため、火災保険を利用して屋根のリフォームを行う場合は火災保険の知識を持った専門業者に相談することをおすすめします。

 

屋根リフォームで火災保険を利用する際の注意点

雪や台風など、自然災害の影響で屋根や雨樋が破損してしまった場合、屋根のリフォームに高額な費用が必要になるかもしれません。

しかし、火災保険を利用すれば自己負担無しでリフォームすることが可能です。

 

ただし、火災保険を利用するには条件や申請手順などを守らなければなりません。

火災保険を利用する際の注意点を紹介していくので、参考にしてください。

 

火災保険を使った屋根リフォームの実績がある業者に依頼

屋根のリフォームに火災保険を利用する場合、経験豊富な業者に依頼することをおすすめします。

 

火災保険の申請には経験と知識が必要になります。

というのも、申請時には莫大な資料や申請書などが必要となるため、知識を持っていないと難しいのです。

 

そのため、火災保険を利用して屋根のリフォームを行うのであれば、火災保険を使った屋根リフォームの実績がある業者に依頼しましょう。

 

保険会社に虚偽の報告をしないこと

火災保険の契約をしている保険会社に虚偽の報告をしてはいけません。

保険会社に虚偽の報告をした場合、保険金が下りないどころか、契約を強制解除されてしまう危険性があります。

 

昨今、火災保険を不正利用した悪徳リフォーム業者が増えています。

 

こうした虚偽の報告や不正利用は業者はもちろん、お客様にもトラブルを引き起こしてしまいます。

そのため、保険利用の際は絶対に虚偽の報告をしないようにしましょう。

 

工事のタイミングに注意する

火災保険を利用して屋根のリフォームを行う場合は工事のタイミングに注意しましょう。

雪や台風の影響で屋根が破損した場合でもすぐに業者に依頼して工事してもらうのは危険です。

 

というのも、保険会社の指定の手順で申請を進めなければ、保険が適用されないケースもあるからです。

したがって、火災保険利用時は工事のタイミングに注意が必要です。

 

藤沢市、茅ヶ崎市をはじめとする神奈川県全域で屋根リフォームを得意としているスマートホームにお任せください!

スマートホームでは、火災保険の知識を持った専門スタッフが在籍しており、わかりやすくご説明させていただきます。

もちろん、これまでに多くの火災保険を利用した屋根リフォームの実績があるので、安心してご依頼いただけます。

 

さらに、火災保険申請のサポートも行っているので、どうやって火災保険を申請すれば良いかわからないという方でもしっかりとサポートさせていただきます。(※「火災保険の利用について」)

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-保険, 屋根工事