コラム 外壁塗装 屋根工事

雨漏りのよくある原因を徹底解説!湘南・藤沢エリアのリフォームのプロが雨漏りの解決方法を紹介!

雨が続く梅雨時期や大雨が降ったときに雨漏りしてしまうという経験をされたことはないでしょうか。

雨漏りを修理せずに放置しておくと、建物が劣化してしまい、大きなトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

そこで、今回は藤沢をはじめとする神奈川で屋根リフォームや外壁塗装を専門にしているスマートホームが「雨漏りが起きる原因」について徹底解説します。

さらに、スマートホームの雨漏りリフォームの経験が豊富なスタッフが雨漏りの解決方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

雨漏りのよくある原因

雨漏り

雨漏りは屋根や外壁の経年劣化や地震、台風などによるダメージ、さらに雨樋の破損などが原因で発生します。

では、実際に何が原因で雨漏りが発生するのか、詳しくみていきましょう。

 

1.屋根板金の破損

屋根には棟板金や破風板というものがついており、それらの折り目や端の部分がゆるむことで、雨漏りが起きることがあります。

屋根材の種類などによって異なるものの、新築から10年~15年経つと劣化が進み、雨水が入り込んでしまうリスクが高まります

 

とはいえ、自分ではなかなか屋根の状態を確認できないので、屋根リフォームのプロに診断してもらうのがおすすめです。

藤沢や茅ケ崎をはじめ神奈川県全域に対応したスマートホームならドローンによる無料調査を実施しています。

無料調査を依頼

 

2.屋根材の破損やズレ

屋根材が破損することで、屋根から雨水が入ってしまうことがあります。

とくに台風などの強い風が起きたときは、飛来物によって屋根材が破損してしまうことがあり、そこから雨漏りが起きてしまうことも少なくありません。

気づかないうちに天井裏に水が染み込んでいるということもあるので、台風が起きたときは屋根リフォーム専門業者に相談してみるといいでしょう。

 

3.サッシの劣化や破損

窓やサッシは雨漏りと直接的に関係ないと思われる方も多いでしょう。

しかし、サッシの周りにはコーキングという充填剤が使われており、コーキングが劣化するとヒビが入ってしまうので、そこから浸水してしまう恐れがあります。

とくに南側は太陽の光が強くあたるので、劣化スピードが早いといわれています。

そのため、新築から10年経ったタイミングで点検することをおすすめします。

 

4.バルコニーの防水層の劣化

バルコニーは防水加工がされているのが一般的です。

しかし、永久的に効果が持続するわけではなく、定期的なメンテナンスが必要になります。

目安としては新築から10年以上経ったタイミングで防水工事をおこなったほうがいいでしょう。

防水効果がない状態で放置しておくと、雨が降ったときにバルコニーから室内に雨漏りが発生してしまうことがあります。

そのため、なるべく早いタイミングで専門業者に相談しましょう。

 

5.外壁材の破損や劣化

外壁材が劣化したり、破損したりしている場合は雨漏りが発生しやすくなります。

とくにクラックというひび割れが起きている場合は、そこから室内に水が入り込んでしまうので早急な対応が必要になるでしょう。

 

とはいえ、外壁の知識がない方がクラックをみても、すぐに対応が必要なものか判断できないことがほとんどです。

そのため、クラックが起きている場合はすぐに外壁塗装の専門業者に相談しましょう

スマートホームは屋根リフォームと外壁塗装を専門におこなっているので、屋根の点検だけでなく外壁の点検もさせていただきます。

無料点検を依頼

 

6.コーキングの劣化

外壁の目地や繋ぎ目にはコーキング材が使用されています。

しかし、コーキングは紫外線や雨の影響でどんどん劣化してしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

とはいえ、見た目ではわかりにくいので、劣化していることに気づかないという方も少なくありません。

しかし、新築から10年以上経過している場合は、コーキング材が劣化している可能性が高く、早急に対応したほうがいいでしょう。

 

7.雨樋の破損

雨樋が詰まっていたり、破損していたりする場合は、外壁をつたって室内に水が入り込み、雨漏りが起きてしまうことがあります。

雨漏りに落ち葉などが溜まっていたり、台風などの影響で破損していたりする場合はすぐに対応したほうがいいでしょう。

 

ただ、雨樋は高い位置に取り付けられているので、なかなか自分では確認できないという方も少なくありません。

しかし、雨が降っているときなら、雨がしっかりと雨樋に流れているかを確認しておけば、異常があるかどうかを確認できます。

万一、雨樋から水が溢れ出ていたり、穴が空いていて水が漏れていたりする場合は、すぐに専門業者に相談しましょう

 

雨漏りの発生箇所別の原因

雨漏り

雨漏りはさまざまな原因で発生します。

原因によって対応が異なるのはもちろん、修理費用に大きな差が出ることがあります。

ここでは、雨漏りの発生箇所別のよくある原因についてみていきましょう。

 

雨漏りが室内の壁で起きている

室内の壁で雨漏りが起きているときは外壁や雨樋の異常が原因で雨水が室内に入り込んでいる可能性が高いです。

室内にまで水が入っているので、すぐに対応しなければ、大きなトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

そのまま放置しておくと、カビが発生するほか、構造躯体にまで影響してしまうことがあるので、すぐに専門業者に相談しましょう。

よくある原因

  • 外壁のひび割れ
  • 外壁塗装の劣化
  • 外壁のコーキングの劣化
  • サッシ部分のコーキングの劣化
  • 雨樋の詰まりや破損

雨漏りが天井で起きている

雨漏りが天井で起きている場合は屋根に問題がある可能性が高いです。

屋根材がズレていたり、そもそも屋根材が破損していたりする場合は雨漏りのリスクが高まります。

また、屋根材の種類によっては定期的にメンテナンスが必要であり、メンテナンスをしていなければ雨漏りが起きてしまうことがあるでしょう。

よくある原因

  • 屋根材の破損
  • 屋根材のズレ
  • 屋根材の劣化
  • 屋根の棟や谷のトラブル

雨漏りの原因を調査する方法

ドローン 点検 屋根

雨漏りの原因を調査する場合は専門業者に依頼しましょう。

というのも、雨漏りが発生する原因の多くが屋根や外壁なのです。

つまり、高所作業が必要になり、調査にも危険が伴います。

DIYで屋根や外壁の修理をされる方もいらっしゃいますが、非常に危険です。

そのため、可能であれば専門業者に依頼して点検してもらうことをおすすめします。

 

ただし、業者によっては調査費用がかかることがあります。

悪質な業者の場合、調査費用のことは何も言わず、あとから費用を請求されることがあるので注意が必要です。

藤沢や茅ケ崎をはじめ、神奈川県全域で屋根リフォームや外壁塗装をおこなっているスマートホームはドローンを使用した無料調査を実施しています。

ドローンを使用するので、屋根を傷めずに正確に調査できます。

点検料はかからないので、屋根の状態が気になる方や雨漏りが心配という方はぜひご相談ください。

ドローンの無料点検を依頼

 

湘南、藤沢の雨漏りはスマートホームへ

ドローン 点検 屋根

雨漏りはいろいろな原因で発生します。

雨漏りが発生しているものの、そのまま放置していると重大なトラブルを引き起こしかねないので、早急な対応が必要になるでしょう。

 

ただ、自分で雨漏りの原因を見つけるのは難しいです。

とくに屋根や外壁の劣化を見つけるには屋根に登ったり、足場を組んだりしなければならず、DIYではおこなうのは非常に危険です。

 

スマートホームならドローンを使った無料点検を実施しているので、屋根や外壁の状態を迅速に診断することができます。

湘南、藤沢エリアのほか、神奈川県全域に対応しているので、気になる方はスマートホームにご相談ください。

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-コラム, 外壁塗装, 屋根工事