コラム 外壁塗装

外壁塗装で断熱効果を期待できる!暑い夏でも問題なし!藤沢市の外壁屋根工事のプロが解説!

外壁塗装工事を行うことで断熱効果を期待することができます。

暑さが厳しい夏や寒い冬。

断熱効果を高める外壁塗装で、快適な暮らしを送るのはいかがでしょうか。

そこで、今回は屋根外壁塗装 窓口 イオン藤沢店のプロスタッフが外壁塗装工事の断熱効果について解説していきます。

 

外壁塗装で断熱効果は期待できる?

外壁塗装 断熱効果

住宅の断熱効果を上げる方法として、断熱塗料を使用する方法があります。

 

断熱塗料は屋根塗装や外壁塗装などに利用することができ、断熱効果を期待できます。

断熱塗料にも様々な種類があります。

 

しかし、ほとんどの断熱塗料が最大で部屋の温度を約3℃低下させる効果があります。

たとえば、夏に30℃になる部屋の温度が27℃になるため、かなり涼しく感じられます。

 

高い断熱効果により、エアコンの稼働日や稼働率を下げることが可能。

 

つまり、光熱費の削減や環境への配慮、不快な暑さを感じることが少なくなるなど、多くのメリットがあるということなのです。

 

汎用塗料と断熱塗料との違いは?

現在、多くのメーカーから塗料が発売されています。

さらに、最近では遮熱塗料などもあります。

 

遮熱塗料

遮熱塗料とは、太陽熱高反射塗料や高日射反射率塗料と呼ばれることも。

つまり、熱源となる赤外線を反射して温度上昇を防ぐ効果がる塗料が遮熱塗料なのです。

 

断熱塗料

一方、断熱塗料は、熱の移動をできるだけ少なくする効果がある塗料です。

通常、熱は温度の高い所から低いところに伝わる性質があります。

たとえば、鉄の棒を片端を熱すると、徐々に逆側にも熱が伝わり熱くなります。

そして、断熱塗料では熱の移動を起こさないようにすることで、高い断熱効果を実現しています。

 

光熱費の削減にも!

断熱塗料を使用することで、室温を最大3℃低下させる効果があります。

 

そして、外壁と屋根の両方に断熱塗料を使用することがさらに高い断熱効果を期待できます。

たとえば、断熱効果の低い住宅では、気温35℃以上の猛暑日や気温30℃以上の真夏日には、室温が高くなりクーラーが欠かせません。

 

しかし、室温が3℃下がるとクーラーの稼働率を抑えて室内で快適に過ごすことが可能。

 

クーラーを必ずつけていた25℃以上の夏日には、クーラーが不要となることもあります。

 

さらに、断熱効果が高いことは冬に室内の寒さを和らげる効果も。

つまり、断熱効果が高まることにより、エアコンや暖房の使用を減らし、光熱費の削減に繋がるというわけなのです。

 

まとめ

外壁塗装や屋根工事によって、家の断熱効果を高めることができます。

 

特に暑い夏の日や寒さが厳しい冬には、断熱効果というのが非常に重要になってきます。

家のメンテナンスと併せて、断熱効果の高い外壁塗装、屋根工事を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-コラム, 外壁塗装