コラム 外壁塗装

外壁にひび割れが発生!外壁塗装工事のプロが教えるひび割れの原因!

要注意!外壁にひび割れが発生!?外壁塗装工事のプロが教えるひび割れの原因!

外壁の劣化サインであるひび割れには主に3つの種類があります。

それぞれの違いを理解して、適切な外壁メンテナンスを行いましょう。

 

今回は屋根外壁塗装窓口 イオン藤沢店のスタッフが外壁のひび割れの原因を解説していきます。

 

外壁のひび割れの種類は?

外壁クラック

サイディングやモルタル外壁、ALC外壁、コンクリートなど、住宅には様々な外壁材が使用されています。

 

そして、外壁は日常の自然現象によって徐々に劣化が進んでいます。

使用する外壁材によって劣化の種類は異なる場合がありますが、劣化状況にひび割れが発生することも。

 

ひび割れはクラックとも呼ばれ、主に3つの種類があります。

 

構造クラック

構造クラックは、住宅の構造に影響を及ぼす可能性の高い深刻なクラックであるため早急な補修が必要です。

 

幅0.3mmを超える大きさのクラックは、構造クラックである可能性が高く、緊急性の高い危険な状態

建物自体の強度の低下や雨水の浸入による外壁の劣化、腐食といった被害を招く恐れがあります。

 

そのため、専門業者に点検・メンテナンスを依頼することをおすすめします。

 

ヘアクラック

ヘアクラックは、髪の毛ほどの細いクラックであり、幅0.3mm以下、深さ4mm以下のクラックのこと

 

ヘアクラックは、外壁の経年劣化や施工不良などの原因が考えられます。

また、ヘアクラックは住宅の躯体に直接影響を与えない軽微な不具合であるため、そこまで緊急性は高くないといえます。

 

ただし、ヘアクラックを見つけた段階で、メンテナンスを行えば家の寿命を延ばすことができるしょう。

 

開口クラック

地震などにより建物に負担がかかることで発生するクラックの一つが開口クラック

 

開口クラックは、通り窓や扉などの開口部周辺に発生するクラックであり、斜め方向にひび割れが現れることが特徴です。

 

そして、開口クラックをそのままにしておくと、クラックから雨水が住宅内に侵入してしまうため、早急な対応が必要です。

 

ひび割れの原因は?

クラックが発生には様々な原因があります。

まず、ヘアクラックは塗膜の経年劣化が考えられます。

 

外壁の塗膜は、日光や紫外線の影響を常に受けているため、時間の経過に伴い劣化した塗膜に亀裂が発生することでヘアクラックとなります。

 

一方、塗料の耐用年数と比較して極端に短い期間でヘアクラックが発生した場合は、施工不良も考えられます。

 

さらに、構造クラックや開口クラックは、外壁表面の塗膜のひび割れとは異なり、外壁内部から割れが起きている状態です。

原因として、微細なクラックだったものが構造クラックへと進行したことや、地震などの外的要因が挙げられます。

 

建物の構造的欠陥とも関係があり、筋交い等の不足などで建物が受ける想定以上の揺れ・歪みといった力が外壁材に働き、構造クラックや開口クラックを発生させることになるのです。

 

まとめ

クラックの種類には主に3つの種類があり、いずれかを発見した場合は、一度ご相談いただければと思います。

 

特に開口クラックや構造クラックは出来るだけ早い対応が必要となります。

そのまま放置しておくと、建物の構造躯体にも影響を及ぼしてしまい、高額な修理費用になることも珍しくありません。

 

そのため、小さなひび割れでも、屋根工事業者に相談することをおすすめします。

屋根外壁塗装の窓口 イオン藤沢店では無料診断も行っており、外壁のひび割れを早期発見できるように努めています。

 

外壁のひび割れを放置していると、雨漏りの原因になりかねません。

そこで、藤沢市をはじめとする、神奈川県全域で屋根外壁塗装の窓口 イオン藤沢店のスタッフが無料調査を実施しています。

 

藤沢では、外壁のトラブルでお悩みの方が非常に多く、屋根外壁塗装の窓口 イオン藤沢店にもたくさんのご相談をいただきます。

 

大きなトラブル、大きな損害になる前に、ぜひ一度屋根外壁塗装の窓口 イオン藤沢店の無料診断を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-コラム, 外壁塗装