コラム スタッフブログ 屋根工事

社会問題になっているニチハパミール!パミール屋根材の正しいリフォーム方法とは?

近年、社会問題となっている屋根材として知られているのがニチハ製のパミール。

 

現在は生産が中止されているものの、当時は非常に人気が高かった屋根材の一つです。

しかし、当時パミールを使用して建てられた新築戸建てや、パミールを使ってリフォームした建物はさまざまな問題に直面しています。

そこで、今回は社会問題になっているパミールの正体とパミールが使用されている屋根の正しいリフォーム方法について解説していきます。

 

ニチハパミールとは?

※写真はサンプルです。

ニチハパミールとは1996年~2008年に外壁メーカー最大手のニチハが販売していや屋根材の一つです。

当時はニチハ以外に松下(現:パナソニック)などの大手メーカーが屋根材のシェアを占めており、ニチハはそこまでシェアが高かったわけではありませんでした。

 

そこで、ニチハは新たな屋根材として開発したのがパミールです。

パミールはアスベストを使用しない屋根材として1996年に国内で初めて販売が開始されました。

 

なぜニチハパミールが使われていたのか?

2004年にアスベストを含んだ建材の使用が禁止になったことから、ノンアスベスト商品が主流化していきました。

 

ニチハのパミールは屋根材市場で唯一のノンアスベスト屋根材ということもあり、市場を拡大していったという歴史があります。

さらに、外壁材をメインとして扱っていたことから、ノンアスベスト屋根材のパミールと外壁材をセットにしてシェアを拡大していったのです。

 

ニチハパミールはなぜ社会問題に?

※写真はサンプルです。

ニチハのパミールの最大の難点は耐久性の低さです。

 

当時はノンアスベスト屋根材として人気が高く、さまざまな建物に使用されていました。

 

しかし、パミールを使った建物が7年、8年経過した頃から、地位は逆転。

またたく間に人気の屋根材から社会問題へと発展していくのです。

 

パミール屋根材を使った建物が7年~8年経った頃、どんどん表面膜の剥離が始まり、10年経った頃にはボロボロの状態になったのです。

当時の技術でも屋根材が7年~8年で剥離するということはありえませんでした。

 

1996年~2008年まで販売されていたので、2008年に建てた家が2022年で14年経過するころ。

まさに屋根がボロボロになっている状態といえるでしょう。

 

ニチハパミールの耐久性についてニチハ側は製造責任について否定している姿勢です。

 

実際、多数のクレームがニチハに寄せられており、中には裁判にまで発展したケースもありました。

そのほか、多数のメディアがニチハのパミールについて報道していたにもかかわらず、メーカーは責任を否定しています。

 

というのも、一般的にメーカーの保証は2年~5年。

 

つまり、剥離が始まる7年~8年というのはメーカー保証の対象外となるのです。

そのため、メーカーが保証しなくても法的には何の問題もないということになります。

 

実際、パミールの被害を受けた人の多くが泣き寝入りしており、自己負担でリフォームをしています。

 

そもそも、屋根が剥がれている状態や剥離している状態を放置していると、建物自体に影響を及ぼしていまいます。

したがって、仕方なく自己負担で屋根のリフォームを行ったという方も少なくありません。

 

ニチハのパミールは発売当初から幅広く使用されていましたが、現在は社会問題にまでになっています。

藤沢市や茅ヶ崎市をはじめとする神奈川県でもパミールを使った建物が多数あります。

 

パミール屋根材をそのまま放置しておくと、劣化が進んでしまい、雨漏り以外にも重大なトラブルを引き起こしてしまう可能性が高く、早急な点検と屋根のリフォームが必要です。

 

ニチハパミールの具体的な不具合は?

ニチハパミールの具体的な不具合として挙げられるのが剥離。

  • 層間剥離
  • 専用釘の腐食

層間剥離

層間剥離というのはパミール屋根材のスレートの層がめくり上がってしまう状態のことをいいます。

ニチハのパミールでは7年が経過したころから、徐々に層間剥離が発生します。

 

専用釘の腐食

ニチハパミールに使用する釘が腐食して屋根材がズレたり、脱落してしまう危険性があります。

屋根材が脱落し、近隣の建物に衝突したり、歩行者にぶつかったりした場合は大きなトラブルとなってしまいます。

 

※釘の製造元である若井産業株式会社は釘が腐食の原因になっているとは認めておらず、責任を否定しているのも事実です。

 

ただ、ニチハは釘についてリコールの対象と認めており、「経年に伴う腐食の進行が早まる可能性がある」と文章で明示しています。

 

ニチハパミールの何が問題?

「ニチハパミールが社会問題になっているのはわかったけど、結局何が問題なの?」と思われた方も多いでしょう。

たしかに、屋根が剥離を起こしたり、釘が腐食したりするのであれば、屋根塗装で対応したり、新しい釘に変えれば問題ありません。

 

しかし、ニチハパミールは屋根塗装ができないのです。

 

屋根塗装ができないニチハパミール

通常のスレート屋根であれば、屋根塗装を行うことで寿命を延ばすことができます。

 

しかし、ニチハパミールの場合は屋根塗装を行っても、屋根材自体が剥離してしまうので、意味がないのです。

つまり、ニチハパミールは屋根塗装ができない屋根材ということ。

 

別の方法で屋根のメンテナンスを行わなければなりません。

 

ニチハパミールは屋根カバー工法か屋根葺き替えが必要!

屋根塗装ができないニチハパミールは屋根カバー工法か屋根葺き替えリフォームが必要になります。

どちらかの方法で早急に屋根リフォームを行わなければ、どんどんと剥離や釘の腐食が進行していってしまいます。

 

屋根材の脱落や落下などの大きなトラブルになる前に屋根リフォームの対応が必要になるでしょう。

 

藤沢の屋根カバー工法、屋根葺き替えはスマートホーム株式会社へ!

藤沢市や茅ヶ崎市をはじめとする神奈川県でニチハパミールの正しいリフォームを行うなら、スマートホーム株式会社にお任せください。

 

スマートホーム株式会社では、たくさんのニチハパミールに関する相談を受けてきました。

新築からわずか13年しか経っていない戸建てにお住いの方でも屋根材にニチハパミールが使われており、屋根の状態はお世辞にも良いとはいえませんでした。

 

もちろん、屋根塗装では根本的なメンテナンスにならないため、予算や要望に合わせて屋根カバー工法や屋根葺き替え工事を提案。

ニチハパミールのトラブルから解放されたこともあり、大変満足していただけたという事例があります。

 

ニチハパミールでお悩みの方は、ぜひ一度スマートホーム株式会社へご相談ください。

藤沢市や茅ヶ崎市だけでなく、神奈川県全域で対応させていただきます。

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせ

tel

Webからのお問い合わせ

-コラム, スタッフブログ, 屋根工事